ネオジオ生産終了の理由

ネオジオ

2004年、SNKプレイモアは『サムライスピリッツ零スペシャル』を最後にネオジオの生産を終了させた。

生産終了の最大の理由は、海賊版、エミュレーターなどのコピー問題である。

SNKや後継会社のSNKプレイモアはこの問題に対策を施したが、発売から10年以上も経っていたこともあって、ハードはすでに隅々まで解析されていた。

そのため、知識のある人間によってコピーガードなどのプロテクトは簡単に解除されたり、会社側がさらにセキュリティを強化しようとしても、今度はソフトの互換性に問題が生じることとなってしまった。

以上のことなどを踏まえ、SNKプレイモアは生産終了を発表し、事実上ネオジオの歴史に幕を閉じることとなった。

このことについては、「ザ・キング・オブ・ファイターズ完全読本」内でも、SNK時代からのSNKプレイモア社員によって語られている。

▲Page Top

無料のレンタルサーバー fizby.net